img_illust_05前回お話しした、「コスメ鍼(はり)のススメ・・・??」の回ですこし触れたターンオーバーの回数のことについて今日はお話ししようと思います。

ターンオーバーって少ないと皮膚の生まれ変わりが遅れて、くすみやたるみ、ゴワゴワかさかさの肌になり、更にはしわ、しみの原因になるのは想像できると思いますが、ではターンオーバーは多ければ多いほどいいのでしょうか?

答えはNOです。

通常のターンオーバーは6週間前後(28日周期)ですが、このサイクルが乱れると肌は皮膚に炎症を起こします。

例えば日焼けや過剰な角質ピーリング。これらによって皮膚に炎症が起きてしまうと、ターンオーバーサイクルが過剰になります。

すると未熟な細胞が成長して、バリア機能を持たないスタミナ不足の細胞が、皮膚表面を覆ってしまうことになります。

十分な防御機能を持たないこの細胞は、刺激をしっかりと防ぐことができないので、美肌を崩してしまう肌荒れや、皮膚トラブルの大元である乾燥を招き、更に、この肌荒れや乾燥がまた過剰なターンオーバーを招いてしまうという、恐ろしい悪循環に陥ってしまいます。

また、遅いと皮膚の生まれ変わりが滞ってしまい、くすみやしみしわの原因になってしまうのです。カサカサ気味の人は、お肌の水分が不足して、ターンオーバーが過剰なのかもしれません。

美容鍼は、このターンオーバーを、その人のベストな状態にします。

理由は、皮膚のターンオーバーが、自律神経でコントロールされているから。

特に女性のこころって、ストレスや季節の変わり目、ちょっとした事でで乱れるデリケートなもの

美容はりの前に行うネック、デコルテ、ショルダー、耳にまで至る当院オリジナルメソッドの広範囲にわたるリンパマッサージで、老廃物タンクに溜まった肌トラブルの基をを撃退するのはもちろん、リラックス効果も絶大です♪

美容鍼でこころとお顔のこりをほぐしてみませんか?
思わぬリラックス効果にはまっちゃうかも!!

鍼灸美容部長 村上