img_illust_11今日は、昨今その効果に注目を浴びている、美容鍼(はり)についてお話ししようと思います。

体の辛いところや痛みを感じている部分に鍼(はり)をして、固い筋肉を柔らかくして症状を和らげるのはよく知られたこと。

その鍼(はり)を顔にすると一体どういった効果が得られるのでしょうか?

皮膚の構造は「表皮」と「真皮」と「皮下組織」から構成され、 「表皮」は更に 「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」角質層(かくしつそう)」と4
層からなる構造になっています。

「基底層」から生まれた細胞はその形を変えながら、上へ上へと押し上げられていき核がなくなった(無核)、細胞としては死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に下から押し上げられる形で、最後はアカとなって自然に剥がれ落ちる構造になっています。

これがターンオーバーです。

このターンオーバーは少なくても問題ですが、実は頻繁に起こりすぎても問題となります。
このお話は次回にお話しするとしましょう。

ターンオーバーは部位によっても差があります。血行の悪いところ、筋肉が凝って老廃物がたまっている場所は、正常なサイクルではなくなっています

美容鍼はこのターンオーバーサイクルに直接働きかけ、加えて肌の正常なサイクルを作り出します。
いうなれば肌の基底層にアプローチする、月一回のスペシャルコスメと思って取り入れて下さるのがとてもいいと思います。

老廃物が溜まっている場所を当院では「老廃物タンク」と名付けて呼んでいますが、これはいわゆるエステやお化粧水、美容クリームでは取り除きにくいものです。

美容鍼の施術メニューには、このタンクがある場所(首デコルテ後頭部など)をハンドトリートメントで取り除いてから、美容鍼を行いますので美容鍼の効果がさらに高まります。

美容鍼を受けられた方の中には頭痛が楽になった、肩こりが楽になったと言って下さるのを聞くと、老廃物タンクも体のいろいろな不調の原因になっているのだなぁ。とその重要性を感じております。

皮膚のターンオーバーは年齢によって前後しますが、一般的に28日周期といわれております。
当院ではこれに合わせて28日から35日の感覚で受けて頂くことをお勧めしております。

肌のターンオーバーを正常にする美容はりをぜひお試しください。

鍼灸美容部長 村上